大工技術と大工育成

 先日、当社のインスタグラムにて私達の大工の技術を
見ていただきたいと思い、大工の刻み加工場へ行きました。
鉋引きと金輪継ぎの仮組みを撮影してきましたが、
木を思い通りに加工する大工技術に対してあらためて感動を覚えると同時に、
このすばらしい技術は絶対に無くしてはならないと思いました。
 
 1980年に93万人いた大工は、2015年には37万人に減少しています。
今後は2020年には30万人、2030年には20万人にもなるといわれています。
2015年統計によると35万人中、60歳以上の大工は全体の38.7%(約14万人)は
60歳以上の方々です。
そしてこれからを担う若年層大工は、20代の大工は8.5%で3万1740人、
10代の大工はなんと2150人しかいないという状況です。

このままいくと大工1人当たりの新設住宅着工戸数が2戸だった2010年時点を
供給バランスがとれていたとすると、
「2030年には建設現場の労働生産性を1.4倍にまで引き上げないと、
約60万戸の需要でも供給できなくなる可能性がある」と指摘されています。
私達住宅業界にとって大工のなり手不足は、極めて深刻な状況なのです。

 この問題について、私達の所属している工務店の団体(JBN全国工務店協会)でも
大工育成ガイドラインを策定するなど、家づくりの要になる大工の減少を
少しでも防ごうと活動しています。
そして私達サン工房も一昨年度から社員大工を入れ育成を始めました。
この春からはもう一人新しい社員大工を育成していく予定です。

 私達は「日本の家をつくる」と言っています。
それは昔ながら日本の家づくりの良いところは残しながら、
日本人の現代の生活や考え方、時流に合った家づくりをしようということです。
そのためにはこれまでの日本の大工が培ってきた技術はまだ絶対に必要だと思っています。
なぜなら、そこには綺麗さや美しさはもちろん、
丈夫で長持ちするやり方がたくさん詰まっているからです。

 こんな素晴らしい技術は絶対に無くしてはならないと思います。
私達は微力ではありますが、これからも素晴らしい技術を持った大工が
力を発揮できるような家づくりをし、認めていただくことで、
この地域において少しでもそのような日本のモノづくりの技術が
残っていくと良いなと思っています。

袴田英保

c0174326_10165549.jpg



# by sankoubou | 2019-02-19 10:17 | 想い

窓のハナシ 2

暦の上では立春を過ぎましたが、まだまだ寒い日が続きます。
この時期の悩みのひとつに、窓の結露が挙げらると思います。

近年、住宅の高気密、高断熱化が急速に進み、併せて窓も高断熱化が進んでおりますが、
高断熱化した窓においては『結露がしづらい』ですが、
『結露が全くない』というわけではありません。

とりわけ寝室は、夜中、呼気と共に自然に湿度があがります。
この時期ですと加湿器を稼働していればさらに湿度は上昇します。
気密がしっかりしている住宅は空気の動きが少なく、湿気が籠ってしまうこともあります。

引違窓は構造上外気の影響を受けやすく、特にレールとガラス下面に結露が起きやすいです。

結露した周辺はカビも発生しくなりますので、適度に換気、掃除をすることが重要です。
特にガラス面はホコリに結露水が付きますので、常に綺麗に保つことをオススメします。

快適な窓辺をつくるためにも、
室内環境をコントロールをしながら上手に付き合いたいものです。
.


杉浦和寛
c0174326_10293681.jpg



# by sankoubou | 2019-02-12 10:29 | つくる

改修工事 3

現在、築19年の改修工事を担当させていただいています。
玄関廻りのを解体し、2坪の部屋と玄関ポーチ屋根を増築する工事です。

解体すると、柱・梁など一目見ただけでしっかりとしたものであると
わかるような材料を使っています。
新しくつくるところもこれに見合う材料を使用するとともに、
お施主様に喜んでいただけるような、
使いやすく、且つ心地の良い空間になるように心がけていきたいと思います。

土屋哲矢

c0174326_08434991.jpg


# by sankoubou | 2019-02-05 08:43 | 想い

二人暮らし考

子供たちも巣立ち、夫婦二人暮らしも5年たちました。
子育て世代で住まいを築き、いろいろな経験を積みながら
やっと自分たちのこれからを思い描く、居場所・居心地・過ごし方
いろいろ考える今日この頃です。

太田雅敬

c0174326_15302527.jpg


# by sankoubou | 2019-01-30 15:33 | 想い

自動化の波

車の完全自動運転の実現に向け、積極的に取り組まれていますが、
最近では【自動洗濯物だたみ機】も実用化に向けて開発されているようです。

家電が進化するに従って、
家も大きな家電のような扱いと考える会社もあり、
スマートフォンで来客者が見れたり、
エアコンを切れたりするだけでなく、
カーテンや窓の鍵が自動で開け閉めできたり、
ガスや電気の消し忘れも自動で防いでくれるようなものもあるようです。

何でも自動になってくると、
便利で楽な反面、今までは普通にしていたことも面倒になったり、
不具合があった時にとても不便な思いをしたりすることも多いのではないかと思います。
私達の家づくりはそういった面ではアナログな事も多いですが、
その分自然体で生活できる心地よい空間を造っていきたいと考えています。

松本梨沙

c0174326_19104570.jpg


# by sankoubou | 2019-01-22 19:10 | つくる

雑木の魅力

雑な木と書いて雑木となりますが、その言葉のイメージとは裏腹に
私たちの日常生活において雑木の趣がもたらす効果は非常に高く、
四季を通して日常生活の中に変化と潤いを与えてくれると思っています。

落ち葉の季節は少しの間だけお庭の手入れでちょっぴり大変な時期がありますが、
新緑の季節はそれは特に綺麗で青々とした葉の間から差し込む光は
とても綺麗な自然な景色を造り上げてくれます。

弊社の庭造りにおきましても専属の庭師が、
庭に合わせて、建物に合わせて、
そこに住まう住まい手が心地よく住まうことができるように、
様々な観点と角度から植樹を行います。

木の形を見ると、枝振りや葉の向きから
この樹木はどういうところで育ったかがわかるそうです。
だからこそ植樹の際にはその自然の摂理に沿って植えてあげることが
とても大切なんだと言っていました。

この自然の摂理に背いて植えてしまうと
やはり美しい表情にならないそうです。
生命ある自然のものは自然に沿ってしつらえることが大事であると同時に、
自然に見せるにはしっかりとした知識と考え、
また魅せるといった感覚がとても大事になります。
もうちょっと右、ん?左、もうちょっと起こそうか・・などと、
庭師同士で植樹していたことが記憶に残っています。

自宅にもモミジとイヌシデの木があり落葉の季節はちょっぴり大変ですが、
四季を通して日常の生活を楽しませてくれます。
落葉樹にとっては今がちょうど休眠中で花芽の季節ですので、
手を入れるには一番良い時期です。
最近では伸び切ってしまった梅の木の剪定にすっかりとハマっており
休日が待ち遠しく楽しみになっています。

金原陽一

c0174326_11302644.jpg


# by sankoubou | 2019-01-15 11:30 | つくる

新年を迎えて

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様はお正月を家族と一緒にゆったりと過ごすことが出来ましたでしょうか。
大掃除、おせち料理やお正月飾りの準備、初詣などをされた方や
ご実家へ帰省された方もいらっしゃったかと思います。

時間を過ごす場所は、家族が集まるリビングやダイニングテーブル、
又は実家での炬燵と皆さんそれぞれですね。
過ごす住まいのどこかにお正月の室礼ができる場所があると心が和みますね。
私の自宅では玄関にあるカウンターがその場所になっております。
室礼は季節や人生の節目に合わせて花や置物、書物などを
ちょっとした棚や玄関、床の間に飾り楽しむことと言われております。

見る人に季節感を与え、同時に日本人の良いところである
『伝統を大事にする気持ち』も伝えることが出来ます。
私もその気持ちは大切にしていきたいと思っております。
本年も皆様にとって素晴らしい一年になりますように心よりお祈り申し上げます。

鈴木清澄

c0174326_09245468.jpg


# by sankoubou | 2019-01-07 09:25 | 想い

北海道スプレー缶爆発

先日消臭スプレーのガス抜きよる爆発が起き、
目撃者情報では断熱材に火が移り燃え広がったとの事でした。
口コミ評判に影響するのか断熱材に関する詳しいニュースが
その後は存在しなかったので少し調べてみました。

ウレタンフォームの断熱材は溶接作業の火花が引火して
火災が発生したと聞いたことがあります。
しかし、同じ発砲系の断熱材でもフェノールフォームは
焦げても燃え広がらない性質です。
繊維系断熱材で無機物なグラスウールやロックウールは燃えにくい性質です。

現在の建築基準法では、外部と内部両方からの防火規定ですので
通常の火災はある程度の延焼は防ぐ事が出来ます。
しかし、今回の様な爆発により建物が破壊さてれしまう事は想定外です。
因みに浜松市のゴミ出し方法としては、スプレー缶・卓上ガスボンベは、穴あけは不要です。
可能な限り使い切って下さいと書いてありますのでご注意ください。

鈴木康志

c0174326_09581421.jpg



# by sankoubou | 2018-12-25 09:58 | つくる

ウッドデザイン賞2018 受賞

全国393点の応募作品の中から189点の作品が受賞しました。
応募対象分野は、建築・空間、木製品、取組、技術、研究等、
木に関するあらゆるモノ、コトが対象です。

サン工房は建築・空間分野、ライフスタイルデザイン部門で受賞しました。
住宅では全国で5軒、静岡県では1軒でした。

この受賞に限らず多方面からサン工房の家づくりが評価されるように
精進しなければと思います。
でも、一番の評価はお客様であることを忘れず家づくりに邁進していきます。
ありがとうございました!

松井進

c0174326_10203844.jpg


# by sankoubou | 2018-12-17 10:24 | つくる

建築視察 (山梨・長野)

先日、設計スタッフで山梨、長野へ建築視察に行きました。
「永田先生を偲ぶ会」というイベントで、
建築家永田昌民さんに縁のある建築家が集まり、
2日間にわたり建築見学や講演会の聴講をさせて頂きました。
.
雑誌やインターネットを通じて写真や図面で見ていた建物をいざ体感すると、
イメージしていたものと大きく差異があり、使用している素材や空間の広さの感覚、
窓の配置やその先に見える景色等、細やかな配慮が感じ取れました。
.
また積雪の具合や日照時間等の気候に関しても細かく調査されており、
年間を通じての住み心地、建物の経年変化も意識した仕様となっていました。
講演会では、永田さんと共に設計事務所を営んでいた益子義弘さんが、
事務所設立当初のお話をしてくださいました。
.
当時は携帯電話もインターネットも無い時代でしたので、
自ら足を動かして同世代の設計事務所に伺い、情報交換をしていたそうです。
そうして集めた情報をまとめて雑誌化したものを紹介してくださったため、
私も興味があり購入しました。
.
情報社会の現在、足を動かさなくても沢山の情報を得ることができます。
ただ、実際に見ていないものの良し悪しを判断するのはとても難しいです。
ネットショッピングが良い例かと思います。

.
建築の設計作業に関しても同様で、
過去につくられたものの図面を利用して同じようなものを作ることは可能ですが、
それが良いものかどうかは、実物を見ないと判断することはできません。
講演会の中で建築家の横内敏人さんが、
「私たちは過去に建築されたものより良いものをつくらなければならない」
と仰っていました。
.
スポーツの世界でも、新記録を更新する方々は、
トレーニングの方法や時間、食事の管理を徹底し、
トップに立つために日々ストイックに努力しています。

.
今回の視察を通じて、良いものをつくるためには自ら足を動かし、
そこで得た情報を整理し、自分なりに解釈することが重要だと改めて痛感しました。
.
増田光
.
c0174326_13364594.jpg



# by sankoubou | 2018-12-10 13:37 | つくる

目を養え、手を練れ

この言葉は、建築家の宮脇檀さんが残した
設計者が成長するための方法を示した素晴らしい言葉です。
設計がもっとうまくなりたいと思い、あがけばあがくほど
やはりこの言葉に行きつきます。
.
良いものをたくさん吸収し、より良いものをサン工房のお客様にご提供できるよう、
今後も日々謙虚に学んでいきたいと思います。
.
大西等



目を養え。
ただの古い寺にしか見えないのか、
そこに普遍の美しさが見えるのか
見る人の「目」次第です。
.

自分が良いと感じたものが
なぜ良いのか、どこがどうだから良いのか
これもまた見る「目」次第です。
.

多くの空間から得られる感覚的な情報と
それを理解し味わえる脳を鍛えることにより
「目」はどんどん養われていきます。
.

手を練れ。
養われた目により得られたものを
実際に具現化するために
手を動かして表に出す。
.

敷地も住まい手もまったく同じものはありません。
良い建物もそのままどこでも誰にでも通用するものではありません。

.
与えられた敷地と住まい手の想いの上で
自分で考え、持てるものを全て駆使して
手を使って図面を書く。
.
書くことで頭の中のイメージが表にでて
そのイメージが本当に良いのか判断でき、
より良くするために修正を施し、細部まで磨き上げることが出来ます。
.
c0174326_11122857.jpg






# by sankoubou | 2018-12-03 11:24 | 想い

建築巡り(東京)

先日丹下健三氏設計のカトリック東京カテドラル教会へ
お邪魔させていただきました。

一歩中に入ると、明るさは抑えられており、
天井へのびていく壁の重みが、天井から降り注ぐ光を強調しています。
RCの壁が一定のピッチで型枠の継ぎ目がでているのですが、
そこが人間の手の入った温かみを加えていて、RCの印象を和らげています。

上部を見上げると、天窓の光が十字になっており、
上空からみても、十字架のようになっているのだと想像できました。
高さ、素材、光、そして影をイメージしながら、
設計されたのだろうと感じました。

ちょうど午前中にお邪魔したため、
祭壇のある東に床から天井へ延びるステンドグラスから光が入ってきました。
ミサの時間は午前中ですから、
光が差し込む方向を見るような向きで立つことになります。

外観はスチール製でシンボリックで近代的なな形状ですが、
空の色を写し、訪れる前には奇抜な印象を受けるかと思いましがが、
想像より市街地に溶け込んでいました。

住宅において、このようなダイナミックな空間を
設計する機会はありませんが、
心を静めて祈りをささげる場所がどうあればよいかということを
設計で示している場所だと感じました。
写真ではわからない、そこに立って初めて感じる感覚を
大切にしていきたいと思います。

山口江梨子

c0174326_11015060.jpg



# by sankoubou | 2018-11-26 11:01 | つくる

瞬間の感動

少し前ですが、四国へ建築巡りへ行ってきました。
最近の建築からお寺まで、見たい建築が沢山の四国ですが、
またゆっくりと訪れたいと感じた、ふたつの建築をご紹介します。
.
愛媛県大洲市にある「臥龍山荘」。
明治に建てられた別荘の数寄屋建築ですが、
細かい所まで意匠を凝らし、遊び心もあり数寄屋の楽しさが存分に堪能できます。
敷地内には3つの建物があり、
そのひとつの「不老庵」は、崖の縁に建ち、
まるで舟の上にいるような浮き感があります。
部屋に入った瞬間、地の見えないその景色に感動します。
.
もうひとつは、香川県の栗林公園内にある「掬月亭」。
江戸時代に建てられた、大きな茶屋です。
外観のプロポーションは四方どこから見ても美しく、
遠くから見ても自然と足が向かってしまう、惹きつける佇まい。
室内の天井は、あえて白い和紙を貼っている部屋があり、
簡素でモダンな意匠が施されておりました。
(建築家 村野藤吾さんも参考にし、建築に取り入れたそうです。)
.
そして、この建物のクライマックスは池に張り出した「掬月の間」。
不老庵と同じく舟の上にいるような、部屋に入った瞬間の感動がありました。
沢山見て回った建築の中で、ふたつの建築が特に感動した理由を考えると、
その建築の良さを探るというより、建物を見た瞬間、部屋に入った瞬間、
興奮を覚える程、気持ちの動きがあったという事です。
.
勿論ロケーションの良さもありますが、それ存分に生かすのは建築の役割で、
例えば、深い軒先が景色を切り取ったり、室内に光のグラデーションを生み、
またそれは部屋のサイズ、高さの程度、素材感も関係していて…などなど。
良い住まいも部屋に入った瞬間、居心地の良さを自然に感じます。
良い建築を見た感動を頼りに、自身の設計にも活かしていきたいと思います。
.
岡本茂揮
.

c0174326_19285423.jpg













c0174326_19285901.jpg













c0174326_19290163.jpg













c0174326_19290429.jpg













c0174326_19290755.jpg


# by sankoubou | 2018-11-19 19:15 | つくる

東山旧岸邸

夏季休暇に御殿場市にある東山旧岸邸に行ってきました。
御殿場ICから車で5分程度の所にあります。

同じ敷地内にはとらや工房という和菓子を販売しているお店もあり、
とてもにぎわっていました。
敷地内には自然であふれていて、夏の暑さも自然と涼しく感じました。

東山旧岸邸は建築家の吉田五十八さんの作品で
緑が多い庭園と数寄屋建築がとても合っていてて落ち着く空間になっていました。
居間には大きな窓があり壁の中に引き込めるようになっており、
そこからソファに座り見る庭園は心を落ち着かせてくれました。
東山旧岸邸に行ってみて建物と庭は両方の良さを引き立て
居心地のいい空間になっていると思いました。

私もそのような居心地のいい空間をつくっていけたらと思います。

森下綾人

c0174326_11192930.jpg












c0174326_11193158.jpg












c0174326_11193491.jpg


# by sankoubou | 2018-11-13 11:20 | つくる

住まいの解剖図鑑

先日、先輩から「住まいの解剖図鑑」という本を借り読むことがありました。
そこには、色々な生活スタイルに合わせた寸法が書かれていました。
家造りにおいて寸法というのは、大工さんが加工する上でも
完成した時の見た目や生活のしやすさなどにおいても大事なものだと思います。

ある程度の決まった寸法は、ネットで調べると出てきますが
それが全てではなくお客様の身長や生活スタイルにあった寸法で作ることで
お客様にとっていい家になると思います。

又、窓枠や建具の納まりなど言われなければわからないかもしれないところで
たった5ミリ違うだけでも見た目の第一印象が違うかもしれません。

そういったところで、日々検討し家造りをしていますが
より生活がしやすく綺麗ななものが造れるように色々な建物を見て
知識を増やしていきたいと思います。

小杉昌平

c0174326_18193379.png


# by sankoubou | 2018-11-05 18:25

ものづくりの姿勢

少し前になりますが長野県の奈良井宿へ行きました。
この宿場町は重要伝統的建造物群保存地区として
当時のままの美しい町並みが保存されています。
観光客で賑わう宿場町を散策してきました。

その後、数年前に妻と二人で木曽漆器のご飯茶碗を買った商店を再び訪れ、
娘の茶碗を購入しました。
有難いことに、店の脇にある作業場も見学させて頂き、
熟練の職人さんによる手仕事を間近で見ることができ、
大変感動しました。

妥協せず、手間を惜しまず、美しく丈夫で長持ちするものをつくること。
手を加えればいつまでも使い続けることができること。
使い続けることで深い愛着が沸くこと。
本来あるべきものづくりの姿勢を常に忘れず、
これからも全力で「建築」に向き合おうと、帰りの車中で思いました。

松井優太

c0174326_15523013.jpg



# by sankoubou | 2018-10-29 15:52 | つくる

鶴岡八幡宮

先日、神奈川県の鎌倉市にある鶴岡八幡宮へ行ってきました。
由比ヶ浜から2キロほど参道が続いき道のりの中に鳥居が3つ建っていました。
2つ目の鳥居から3つ目の鳥居までは、
道路より一段上がった「段​葛」(だんかづら)という参道になっていています。

両側には車が多く走っていますが
この参道は安全で信号もなく気持ちよく歩けました。
3つ目の鳥居をくぐると参拝前に手と口を清める「手水舎」(てみずしゃ)があり
その先には参道の中心に「舞殿」(まいどの)と言われる建物が立っています。
この日は偶然にも舞殿で結婚式が行われていて
貴重な物を見ることができたと思いました。

そして拝殿へ参拝しに行きました。
拝殿の奥に本殿がありその2つをつなぐ幣殿というものがあり、
上から見ると「エ」の形になっています。

このような神社様式を「権現造」(ごんげんづくり)というそうです。
こういった社寺建築を見るのもいい勉強になると思いました。

野嶋啓人

c0174326_08464419.jpg


# by sankoubou | 2018-10-24 08:49 | つくる

進化と技術

家造りの際には、様々な生活風景を思い浮かべながら
決定していくことが多いかと思います。
その中でも多く関わってくるのが「家電製品」ではないでしょうか。

掃除機は、コードレスを使用するかコード付きのものを使用するか。
またどこに収納するか。
キッチン廻りの家電製品はどのように配置するか。
生活には欠かせない家電製品の為、様々な商品があり、日々進化しています。
その中でも最近増えていると感じるのは、壁掛けテレビです。

今では様々な金物もあり、採用される方も多くいらっしゃいます。
壁掛けテレビの魅力の1つは、スッキリとして見える点かと思います。
そのスッキリ感を邪魔しない様、金物やテレビのサイズを見ながら出来る限り、
コンセントやアンテナ線がテレビの裏へ隠れる様検討し、施工しています。
そこには、職人さんの技術も欠かせません。

施工前には、何度も確認し行っておりますが、
これからも日々進化していくものの魅力を活かしていければと思います。

西澤惠太


c0174326_11054366.jpg


# by sankoubou | 2018-10-15 11:05 | つくる

災害への対策

この度、台風24号により被害を受けられた皆様に、謹んでお見舞いを申し上げます。

弊社では大変多くのご相談を頂き、迅速に対応すべく努力しておりますが、
皆様へのご要望に対して十分な対応ができない状況となっております。
まずは、多大なご不便とご迷惑をおかけしておりますことを、心よりお詫び申し上げます。

今回、屋根の一部や、カーポート、シャッターの破損等の被害が多くございましたが、
何より多くの方の被害に遭われたのが停電ではないでしょうか。

マンションの場合ですと、水を汲み上げるポンプが停電の為に停止し、
断水状態になったりと、電気のない生活の不便さというものを身に染みて
感じられたのではないでしょうか。

幸いにも、自宅の停電は翌日のお昼過ぎには解消し、
普段通りの生活を送ることができたのですが、
食糧や水、懐中電灯などの防災グッズを
しっかりと準備しておかなければいけないな思いました。

また、太陽光発電を設置している住宅は多く見かけますが、
災害用に蓄電地も設置している住宅は少ないのではないでしょうか。

家づくりを考えるときに、耐震性能だけではなく、
被災後の生活についても考えていかなければいけないと改めて感じました。

小田友里恵

c0174326_13075404.jpg



# by sankoubou | 2018-10-09 13:09 | 想い

自然石と人の力

先日、兵庫県の竹田城へ行ってきました。
少し前に話題となり、ようやく念願かなって訪れることが出来ました。

ここの魅力はご存時、時と場合によりますが、
天空に浮かぶ石積がなんとも雄大な景観に見えます。
山頂に現存している石積の形跡は、
世界遺産のマチュピチュをまさに連想させます。

特徴は加工を施さずに自然石をそのまま積む野積みの一種で
穴太(あのう)積というそうで、
一見、隙間が多く粗雑な感じがしますが、
水はけがよいため崩れにくいのだそうです。

約400年前に人工的に築かれた石積が山の頂上に現存していると言う事は、
今では予想もつかない大工事だったのでしょう。
改めて人間の2つのソウゾウリョク(想像力と、創造力)というものは
すごいなあと感心いたしました。

夏目通宗

c0174326_10463142.jpg


# by sankoubou | 2018-10-02 10:46 | 想い

設計者の想いと会話をつづりました


by sankoubou
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る