住んでから

弊社ホームページでも報告致しましたが、
第25回静岡県住まいの文化賞において
「悠結のイエ」が最優秀賞に選定されました。
この賞は、住まい手と設計者、施工者の協調を重視し、
住まい手がどのように住みこなしているかが、評価対象になっております。

審査は、お施主様も交え現地でも行われました。
その際に審査員の方から設計面において、
所々ご指摘頂く箇所もあったのですが、
職人の技術や、施工面での工夫、手入れの行き届いた庭、
そして、きれいに楽しくお住まい頂いているお施主様に対し、
評価を頂いた事が受賞につながった大きな理由だと思います。

サン工房では、建物のお引渡し前に、スタッフ各々が完成建物を確認し、
皆で検討した設計や施工がどうであったのか、
意見を出し合っております。

また、お引渡し後にオーナー様がどのようにお住まいになっているのか、
定期点検等で訪問した際に拝見し、お聞きしております。
温熱環境、家具、家電のの設え方、家事の仕方、
生活動線、収納の使い方、お手入れの程、素材選定の是非、等々。

時に点検そっちのけでお施主様へのインタビューに
なってしまう事もあります…。
しかしながら、お住まいになってからその後の様子を、
スタッフ間で共有することは、まだ少ないのが現実です。

サン工房が、設計から施工までを集団で行っている利点は、
集まる情報量の多さにもあると考えております。
その点で、住まい手の住みこなし方に対しても評価を頂いた今回の賞は、
実際の住まい方について、皆で考える良いきっかけを頂きました。
住まいは格好も大切ですが、その後どのように住まわれるのかを、
具体的に想像する事もとても大切です。

岡本茂揮

c0174326_19161253.jpg



[PR]
by sankoubou | 2017-10-02 19:19 | 想い

設計者の想いと会話をつづりました


by sankoubou
プロフィールを見る
画像一覧